• <delect id="plujg"><form id="plujg"></form></delect>

        <button id="plujg"><menu id="plujg"></menu></button>

        ?

        [ ここから本文です ]

        お客さま本位の取り組み

        MUFGフィデューシャリー?デューティー基本方針

        • MUFGは、お客さま本位の取組みの徹底を図るため、グループ共通の指針となる「MUFGフィデューシャリー?デューティー基本方針」を策定?公表します。
        • 本方針の下、グループ各社がお客さま本位の姿勢を共有し、商品?サービスのさらなる向上に取り組み、その取組状況を定期的に公表します。また、MUFGもその取組みをモニタリングするとともに、よりお客さま本位の業務運営を実現させるため、本方針を定期的に見直します。

        行動規範1-1 誠実な行動

        常にお客さま本位で考え、公正?透明な企業活動を誠実に行います。
        お客さまの利益が不当に損なわれることがないよう、お客さまの資産を適切に取り扱います。
        1. お客さま本位の徹底【原則2】
        • 社会的責任の重さを一人ひとりが十分に認識し、常に公明正大かつ誠実な姿勢と高い職業倫理を持ち、お客さま本位の業務を徹底してまいります。
        1. お客さまのニーズをとらえた商品の開発?提供【原則6】
        • 常にお客さま本位で考え、お客さまのニーズをとらえた商品を開発?提供してまいります。
        1. お客さま本位の情報提供およびコンサルティングの実践
        • お客さま本位の情報提供およびコンサルティングの実践【原則6】
          1. お客さまの知識?経験?財産の状況およびお取引の目的に照らし、適切な商品をご提案してまいります。
          2. 市場動向やお客さまの運用状況等を踏まえ、タイムリーかつ丁寧なアフターフォローを行ってまいります。

        • お客さまの理解度に応じたきめ細かい情報提供【原則5】
          1. 商品やリスクの内容、手数料および市場動向等の情報提供を拡充するとともに、わかりやすく丁寧にご説明してまいります。

        • お客さまの投資判断に資する手数料等の透明性向上【原則4】
          1. 手数料等の透明性向上を図り、お客さまの投資判断に資するよう、丁寧にご説明してまいります。

        • お客さま本位の取組みに適合した業績評価体系の整備【原則7】
          1. お客さまの利益およびニーズに資する総合的な営業活動および取組内容を評価するために、業績評価体系を整備してまいります。

        • 投資教育への取組み【原則6】
          1. 資産運用のノウハウを活用し、お客さまが「ライフプラン」や「資産形成」を考え、行動することをサポートする様々な投資教育の機会をご提供してまいります。

        行動規範1-2 品質の追求

        お客さまとの末永い信頼関係を築くために、お客さまの声に耳を傾け、商品?サービスの企画?開発から提供、その後の見直しに至るまで、品質の管理を徹底し、改善に努めます。
        1. 多様なニーズにお応えする商品ラインアップの整備
        • 多様なニーズにお応えする商品ラインアップの整備【原則6】
          1. 投資期間や投資経験の違いおよび市場動向等によるお客さまの多様なニーズにお応えするため、幅広い商品を取り揃えてまいります。

        • お客さまの資産形成に資する商品選定および販売手続等の整備【原則3】
          1. 商品提供会社から販売会社へ支払われる手数料や系列関係にとらわれることなく、お客さまの立場で資産形成に資する商品を選定し、お客さまにふさわしい商品をご提案してまいります。
        1. お客さまの投資成果向上に向けた運用の高度化
        • お客さまの投資成果向上に向けた運用の高度化【原則6】
          1. お客さまの投資成果の向上に資するよう、既存の運用手法の改善や新たな投資機会の追求に努めるとともに、運用?管理体制の高度化を図ってまいります。

        • 運用業務における独立性?透明性の確?!驹瓌t3】
          1. お客さまの利益のために忠実に業務を遂行してまいるとともに、運用業務における独立性?透明性の確保を目的として、運用機関としてのガバナンス態勢の一層の強化を図ってまいります。
          2. これまでのチャイニーズ?ウォール等による徹底した利益相反管理に加え、運用機関としてのスチュワードシップ活動の実効性をさらに高めてまいります。
        1. 資産運用を支える資産管理総合サービスの品質向上
        • 資産運用を支える資産管理総合サービスの品質向上【原則2】
          1. 資産管理業務における新分野の開拓と新技術の開発に積極的に取り組み、最高品質の資産管理総合サービスをご提供してまいります。

        • 資産管理に関する幅広い情報の提供【原則6】
          1. お客さまの効率的な資産運用をサポートするため、資産管理に関する情報を幅広く、かつタイムリーにご提供してまいります。

        行動規範1-3 期待を超えるサービスの提供

        世界のお客さまの多様なニーズに対し、プロフェッショナルとして、グローバルなネットワーク、グループの総合力を活用して、期待を超えるサービスの提供をめざします。
        1. グループ総合力を活用した金融サービスの提供【原則2】
        • グループ各社の商品?サービス、ノウハウおよびリソースを結集し、グループ総合力を最大限に発揮することで、多様化するお客さまのニーズにお応えしてまいります。
        • 運用商品のご提供にとどまらず、次世代への資産承継も見据えながら、お客さまの資産?負債を総合的にとらえた金融サービスをご提供してまいります。
        1. 快適かつ安心?安全にお取引いただける態勢の整備【原則6】
        • 店頭?コールセンター?インターネット等の多様なチャネルを整備し、お客さまの利便性向上を図ってまいります。
        • ICT(情報通信技術)を活用し、お客さまに新たな付加価値をご提供するサービス?コンサルティング手法の開発等に取り組んでまいります。
        1. プロフェッショナリズムの発揮【原則2】
        • 高度化かつ多様化するお客さまのニーズに対応し、お客さまと末永い信頼関係を築くため、プロフェッショナル人材の育成および専門性のさらなる向上に継続的に取り組んでまいります。
        上記の【原則】は、金融庁が公表している「顧客本位の業務運営に関する原則」(2021年1月改訂)との対応を示しています。

        主なグループ各社の取り組み内容

        [本基本方針に基づく取組みを実践するグループ会社(国内)]

         

        三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン?スタンレー証券、auカブコム証券、三菱UFJ国際投信、日本マスタートラスト信託銀行、エム?ユー投資顧問、三菱UFJオルタナティブインベストメンツ